僕たちがやりました 配役決定!脇役もじつは・・

僕たちがやりました 配役決定!窪田正孝主演、過激な内容で原作ファンも多い「僕たちがやりました」がとうとう夏ドラマで放送開始!

気になる事前情報のうちの一つ、配役を今回はご紹介いたします。「僕たちがやりました」をチェックしていなかった人も、配役を知れば見たくなること間違いなしです。

スポンサーリンク

僕たちがやりました あらすじ

普通の男子高校生だった増渕トビオ。彼は特技もなく、何かを求めるわけでもなくただ毎日をそれなりに楽しむ、そんなモットーで日々を過ごしていました。

一緒につるむのは仲良しの伊佐美翔、丸山友貴(マル)、小坂秀郎(通称パイセン)。中でもパイセンは親が金持ちで、20歳のニートだけどトビオたちをいつも助けてくれる。

そんなトビオたちと対立するのが、向かいにあるヤンキー高校の市橋哲人。ひょんなことから絡まれてしまい、マルがボコボコにされてしまいます。

思い切って復讐を企てるトビオたちに、パイセンが爆弾を教えてくれることに。パイセンの財力なら、ちょっとした爆弾を作るなんてお手の物!トビオたちはテンションがあがります。

そして犯行当日、ちょっと脅かすつもりだった爆弾はなんと、校舎を破壊するほどの大事件に。もちろん警察沙汰になり、トビオたちは自分たちのやったことの重大さに初めて気づくのでした。

そしてトビオたちは「逃げること」を決定。罪と向き合うことなくあれこれ画策しながら、警察の追跡を抜け出そうとするトビオたち。

疑ってくる周囲の大人、幼馴染、そしてヤンキー高校からの復讐…!爆発をキッカケにして、トビオの周囲は普通ではなくなってしまう…そんなドラマです。

爆発してから!がとても面白いドラマになりそうですね。どう揉め、その中でどう青春を送るのか?幼馴染との恋愛模様や、教師、刑事とのかかわりも気になります。

スポンサーリンク

僕たちがやりました メインキャスト 配役

https://twitter.com/bokuyari_ktv/status/871922328367636480

気になる配役を見ていきましょう!まずは主要メンバーから。

増淵トビオ役を演じるのは、窪田正孝さん。現在29歳なのですが、高校生役に抜擢です!あどけなさが残る顔立ちが、トビオにぴったりなのでしょうね。

窪田正孝さんは「ラストコップ」でコミカルな演技をしたり、また「Nのために」ではどこか寂しい物静かな青年役も演じてくれました。

今回はコミカルとシリアスと幅広い演技が要求される役どころだと思いますが、しっかりトビオを演じてくれそうです。

伊佐美翔を演じるのは間宮祥太朗さん。整った顔立ちを活かして、女好きのチャラ男を演じます。間宮祥太朗さんは舞台や戦国鍋TVなどでコミカルな演技はお手の物。

まだシリアスな演技はあまり見たことがないのですが、高校生役らしい能天気さが見られるといいなと思っています。

マルを演じるのは、葉山奨之さん。マルの特徴でもあるマッシュルームヘアーが似合っています!マルが暴行されたことで爆破事件に繋がるので、重要な役どころ。

パイセンを演じるのは今野浩喜さん。20歳の設定ですがかなり年上に見えます。お金持ちに見えないのもポイントかも。

元々お笑いコンビを組んでいたそうなので、コミカルな演技が上手そうですね。

スポンサーリンク

僕たちがやりました 実力派のわき役たち 配役

https://twitter.com/bokuyari_ktv/status/871560237785808897

トビオの幼馴染・蒼川蓮子を演じる、リアル女子高生の永野芽郁。現在はCMなどで見かけることも多くなってきました。「僕たちがやりました」の良心とも言える存在です。

刑事・飯室成男を演じるのは三浦翔平さん。爆破事件の行方を探る刑事で、トビオたちにとっては敵にあたりそうです。

他にも伊佐美の彼女役に元AKBの川栄李奈さん、トビオの担任教師に水川あさみさん。また、裏社会のドン・輪島宗十郎に古田新太さん、裏社会弁護士・西島智弘役に板尾創路さんなど。

トビオの担任教師はドラマオリジナルキャラクターで、罪を隠すトビオたちにとって大事なキーパーソンになりそうですね。

主演のメンバーは全員キャラをしっかり再現しており、周囲を固めるキャストも実力派がそろっています。スリルあり、笑いありのドラマとして楽しめそうです。

▼こちらの記事も人気です

僕たちがやりました パイセンキャストが完璧誰?