コードブルー 父親役は平山祐介コウノドリの医師?

コードブルー 父親役は平山祐介コウノドリの医師?「コード・ブルー3」第3期 が2017年7月に放送開始。シーズン1から約10年が経過、山下智久(山P)、新垣結衣( ガッキー)、戸田恵梨香、浅利陽介、比嘉愛未と主要5人の出演が揃う事でも話題になっています。

コードブルー3の2話ゲストには、平山祐介さんが17歳妊婦の父親役としてゲスト出演していましたね。

平山祐介さんといえば・・。コウノドリで医師役をしていましたよね?!他にも過去の出演作とは?

スポンサーリンク

コードブルー 父親役は?

山祐介

生年月日:1970年11月15日 (46歳)

■過去作は?

S -最後の警官-
コウノドリ
貴族探偵シリーズ

過去出演作を見ると分るように、熱い男らしい役が多く。特に私は『S -最後の警官-』にて警察犬を愛する役柄が印象に残っています。

見た目のまま怖そうなんだけど・・。じつは優しいそんな役が多いですね。

今回『コードブルー3』2話でも、いきなり妊婦の娘を叩いていましたが、じつは娘思いな父親だった事が分り感動しました。

スポンサーリンク



コードブルー コウノドリでは?

 

第2話のゲストの人!!!!!!平山祐介さんは、コウノドリの先生!!!。しかも妊娠の話って。さぁ四宮いくしかないなw

ちなみに『コウノドリ』では・・。

加瀬先生

でしたね!熱血医師でたくましい先生でした

スポンサーリンク

コードブルー2話感想

いい父親だね。子供のことちゃんと想ってる。しっかり患者さんの家族に寄り添うところコードブルーの医療のいいところ。

17歳の女の子の父親の台詞がとっても泣けた。 趣味も友達もいないそんな父親みたいな人生いやだって言った娘と娘のために生きてきた父の人生とても感動しました。