僕たちがやりました 市橋演じる真剣佑が自己中すぎて共感できない?!

僕たちがやりました 市橋演じる真剣佑が自己中すぎて共感できない?!俳優の窪田正孝さんが主演する連続ドラマ「僕たちがやりました(僕やり)」18日スタートしました!!抜群のギャグ漫画でありつつ「罪」という重いテーマとも両立している“火9”ドラマ『僕たちがやりました』4話では、ヤバ高の不良役を演じる。市橋が涙するシーンがありましたが・・。自己中すぎて共感ができない?!何が?!

スポンサーリンク



僕たちがやりました 市橋とは?

新田真剣佑演じる。市橋は、今まで散々悪さしてきたヤンキー集団のリーダー。今まで散々弱いものいじめしてきた張本人。

スポンサーリンク

僕たちがやりました 市橋が4話で涙

市橋が感情を見せた・・・!?いきなり人間っぽくなった?!怪我おして、もうバイクにも乗れなくなった事で、どうして俺なんだ・・。そう涙するシーン。新田真剣佑君のシーンは、お涙頂戴の名シーン。しかし!!新田真剣佑君はかっこよくて良いですが・・・。

「他にもくそみたいなやつらいっぱいいただろ!!」

そんな事を言っても・・・。さすがにこれには同情できない?!

急に被害者ヅラしだしたけど、全く感情移入できないんです。今までの事を思うと。市橋たちヤバ高がボケ高の連中を狩らなければ、こういうことにはなってなかった、どうしてもそう思ってしまいます。

僕たちがやりました 市橋演じる真剣佑が自己中

私と同じように感じた人は他にもいたようですね・・。