ごめん、愛してる 原作は韓国なの?

毎回切ないシーンを見せつけてくれる「ごめん、愛してる」のドラマ、実は原作は韓国だって知っていましたか?

今回は「ごめん、愛してる」の原作情報と、韓国ドラマにありがちなトンでも展開やバッドエンドも見てみましょう。

ごめん、愛してる あらすじ

岡崎律(長瀬智也)は韓国マフィアのボディガードをしている、裏社会の人物。日本にいる親に捨てられ、孤児として育った律はそのまま韓国で生きるものと思っていました。

しかしそんな中、マフィアの襲撃により大けが。余命わずかの体になってしまいました。そのことを知ったマフィアのボスは「好きに生きろ」と律を解放。律は母を探しに日本へ向かったのです。

その途中出会ったのが、日本人の三田凛華(吉岡里帆)。頼りなく、元気で生意気な彼女の人柄に律は惹かれます。そして偶然にも、再び日本で再会するのです。

実は、凛華は律の実の母親、日向麗子(大竹しのぶ)の知りあいでした。麗子にはサトル(坂口健太郎)というピアニストの息子がおり、そのマネージャーをしているのです。

不思議な出会い、そして麗子からの拒絶、言い出せない真実、着実にむしばまれていく体。あらゆる困難が律の行く手を阻みます。

さらに律の惹かれる凛華は、サトルに数年片思いをしており三角関係。サトルは別の女性、古沢塔子(大西礼芳)に恋心を抱いていて、恋愛方面も複雑に絡み合っているのです。

スポンサーリンク

ごめん、愛してる 原作は韓国ドラマ

「ごめん、愛してる」はそんな律の心情が丁寧に描かれており、30代~の女性に特に人気の作品。原作は、言わずと知れた同名韓国ドラマです。

なんとあの「冬のソナタ」を超えた視聴率、29.2%をたたき出したという強者。これは日本でもヒットするか?と、放送前から話題沸騰でした。

原作ではもちろん全員韓国人なので、律の出生はちょっと違っています。日本版では捨てられ孤児院に、その後韓国へ渡るというものでした。

しかし韓国版では、韓国からオーストラリアに養子に出され、そこで凛華と出会うのです。国が違うだけで、出会い方などはほとんど一緒ですね。

また、韓国版では律が親への復讐!といろいろな画策をします。サトルと凛華が抱き合っている画像をマスコミに流したりするんですね。日本版では悪い行動はすべて、ジャーナリストの加賀美修平(六角精児)が行っています。

さらに今後、韓国版でサトルの心臓が悪化し移植手術をしなければいけなくなるようですが…その際麗子が律に「移植手術をしろ」と迫るようです。

日本版では幸い手術が必要なく、移植の話が出た時には麗子が「自分の心臓をあげる」と発言していました。代わりに「自分の命を懸けてサトルを守れ」と命令もしていましたね。

細部は違いますが、大筋は韓国ドラマと同じようです。こうしてみると、日本版はみんな心根が優しいのが特徴かもしれません。悪者では感情移入できませんからね。

スポンサーリンク

ごめん、愛してる 韓国版の最終話はどうなる?

https://twitter.com/gomen_aishiteru/status/889046833737023488

韓国ドラマはトンでもない展開がどんどん起こる、として奇想天外おもしろいのも特徴的。すでに「ごめん、愛してる」の日本版でも「ありえないことがどんどん起きる」と話題になっています。

さらに気になるのは、最終回。韓国ドラマはバッドエンドが目白押し!ということもあり「ごめん、愛してる」ももちろんバッドエンドが待ち受けています。

日本版ではバッドエンドにならないでほしい…とは思いますが、律の余命があとわずかなのは変えることができません。おそらく律の死で、最終話を迎えるのでは?と思います。

親の愛情を感じ、兄弟の絆を感じ、愛する人と想いが通じてくれれば…と最終話で律の幸せを願わずにはいられませんね。原作「ごめん、愛してる」の韓国版もファンの方はぜひチェックしてみてくださいね。

 

ごめん、愛してるの放送を見逃した人1~最新話まで配信中

今なら31日間無料キャンペーン中♪

ごめん、愛してるを見る

登録方法は簡単!