嘘の戦争大杉漣が怪しい?!写真の裏の真実と復讐は?

『嘘の戦争』の中で、一番怪しい!そう言われていたのは、大杉漣さんでした。そして、『嘘の戦争』9話は、ついにお世話になった恩人である『大杉漣さん』が復讐のターゲットに。正直今回が一番イヤな復讐です。復讐ドラマなのに、心から復讐して欲しくない。そう思いました。9話はほんと心臓に悪い。浩一気持ち考えると複雑すぎる・・。だけど大杉漣さんへの復讐はしてほしくない。相棒である、ハルカ(水原希子)でさえ、止めたいと思った復讐結果は、ある写真の裏を見て変化が?!写真に書かれていた文字とは??

 

スポンサーリンク

嘘の戦争大杉漣は黒幕?ターゲットになった理由は

嘘の戦争9話で大杉漣さんがターゲットになった理由は。

浩一の父が親友である守(大杉漣)に、事件の真相を全て託したのに、自分や娘が殺される事への恐怖で、真実を隠し。小さい頃から浩一(草彅剛)と一緒にいて苦しむ姿を見ていたのに、黙っていたから。

もちろん。守(大杉漣)は、その事をずっと後悔している。そう泣いて浩一に謝罪したけど・・。

浩一の怒りは収まらなかった。

嘘の戦争大杉漣 娘もターゲットに

嘘の戦争9話のターゲット2人目は、守の娘・由美子役は国仲涼子さん。

守の娘役として、父に捨てられたそう思っている、由美子(国仲涼子)に、父親(大杉漣)
が娘と勘違いしてお金を支払い詐欺にあった。そう騙し。近づきました。

嘘の戦争大杉漣復讐方法は?

久しぶりの娘と再会するように仕向け、その後結婚の挨拶現場で色々な女性とのベットシーンを加工した写真を、婚約者とその両親、そして娘の前でばらまき、二度と娘に会わせなくする復讐。

嘘の戦争 大杉漣写真と真実

復讐する事を決めていた浩一(草彅剛)が復讐を止めた理由は。守(大杉漣)が見せてくれた、娘と浩一たちの写真の裏を見て・・。ある真実に気が付いたから。

その真実とは・・。写真の裏には、3月15日の文字

そう、3月15日娘の誕生日と浩一の誕生日が同じ事だった。守はずっと家族を殺され、養護施設に馴染めない、浩一の誕生日を祝っていたから。娘の誕生日より浩一の誕生日を優先してくれた。その事に気が付いたからです。

とんでもない復讐を途中で止めた相手に「なんでやめたの?僕は許されなくて当たり前だよ。」って優しく声をかける守(大杉漣)の図 だけで泣ける「君は嘘つきじゃないって・・・僕は知ってた・・・」そう言う守(大杉漣)に、浩一は沢山救われたのでは?

嘘の戦争9話大杉漣さんへの復讐は、いろんな意味で泣けました。この人に手を下してしまう前に思い留まれて本当によかった(´;ω;`)そして、黒幕や本当の裏切り者なのでは?そう言われていた、大杉漣さんでしたが、やっぱいい人で良かった。

嘘の戦争の放送を見逃した人におすすめ♪
過去の放送を見返したい人にも・・
フジテレビ公式動画配信サービス
動画を楽しむなら「FOD(フジテレビオンデマンド)」

もちろん最新ドラマ以外にも・・
映画やバラエティーなどが
まずは無料でお試し!
「FOD(フジテレビオンデマンド)」

※嘘の戦争はポイントを使います(詳しくは下へ)