ひよっこ 朝ドラモデルは誰!?

有村架純さんが主演を務める朝ドラ「ひよっこ」ですが、「べっぴんさん」など、最近の朝ドラでは実在の人物をモデルにしている事が多いのですが、4月スタートの朝ドラ「ひよっこ」にもモデルとなる人物がいるのか、いるなら誰がモデルなのか気になりますよね?そこで今回は「ひよっこ」のモデルについて調べました。

スポンサーリンク
 

ひよっこ あらすじ

物語はアジア初となる「東京オリンピック」が開催される少し前、1964年(昭和39年)の秋から始まります、当時の日本はオリンピックだけでなく、世界初の高速鉄道「東海道新幹線」が開業したり、日本人初のメジャーリーガーが誕生するなど、高度経済成長期。都会は賑わい・活気に満ちていたのですが、物語の主人公・谷田部みね子にはそんな実感はありませんでした。何故ならみね子が育ち、物語序盤の舞台となる、茨城県北西部の村・奥茨城村は交通の便が悪く、当時の茨城は東京と同じ関東ながら別世界に思えるほど、住む人々の生活も違っていたのです。ちなみにこの奥茨城村はドラマオリジナルの架空の村です。

そんなみね子の家は小さな農家で、家族は祖父と両親、妹と弟の6人家族。しかし父は不作の年に作ってしまった借金を返済するために東京へ出稼ぎに行っており、祖父と母が2人で畑仕事を頑張っていました。そのため高校3年生のみね子は卒業後は農家の仕事を手伝おうと考えていたのですが、とある事件がみね子の人生に大きな影響を与えることとなるのでした。

東京からお正月に帰ってくるはずだった父が帰らず、そのまま行方不明となってしまうのです!!家族思いの父が家族に何も言わずに消息をたってしまい、更に借金の返済もあるため一家は大混乱!そんな中、みね子はある決断をしました。

「お父さんの分も働いて仕送りをします。東京へ行かせてください」

みね子は父に変わって東京へ出稼ぎに出ることにしたのです。そしてみね子は2人の幼馴染と集団就職で上京し、下町の工場で働き始めました。しかし茨城とは全く違う大都会東京の生活に戸惑い、さらに追い打ちをかけるかのように仕事は低賃金で長時間労働と辛いことばかり。そんなみね子の心の支えとなったのは、同じく出稼ぎに来ていた寮の仲間達。

みね子は仲間と共に笑い、時には涙しましたが東京の生活にも少しずつ慣れてきた頃、勤めていた工場がまさかの倒産!突然の出来事に行くあてもないみね子、そんなみね子を拾ってくれたのは、父がよく「美味い」と話をしてくれていた赤坂にある洋食店でした。そこでみね子は新しい出会いや別れ、苦難を乗り越えて成長していく事に・・・。

と言う内容のドラマになっています。

あるたす
へぇ~1964年のオリンピックはアジア初なんだね!ちなみにこの年の朝ドラは、林 美智子さん主演の「うず潮」が放送されたみたい!

 

⇒見逃したひよっこを無料で見る2つの方法は?

朝ドラ「ひよっこ」 モデルは誰!?

朝ドラ「ひよっこ」のモデルは誰なのか調べてみたところ、今回の朝ドラの主人公には、モデルとなる人物はいないことが判りました。どうやら「ひよっこ」は脚本を手掛ける・岡田惠和さんによるオリジナルストーリーとなっているため、主人公や登場人物のモデルはいないようです。

岡田さんといえば、過去に朝ドラ「ちゅらさん」「おひさま」の脚本も手掛け、両作ともモデルなしのオリジナルストーリーでしたが共に大好評でしたので、4月スタートの「ひよっこ」も大注目を集めそうですね♪

朝ドラ「ひよっこ」 みね子はどんな人物?

今回の朝ドラ「ひよっこ」の主人公となる人物は・谷田部みね子という女性で、女優の有村架純さんが演じます。

みね子は茨城県の北西部・奥茨城村(架空の村)で小さな農家を営む・父・母・妹・弟・祖父の6人家族の長女、高校卒業後は農家を手伝うつもりでしたが、父の実(沢村一樹)が突然失踪したため上京し、不慣れな町で苦難を乗り越えていきます。
みね子の性格は、穏やかでのんびり、ですがどんな事にも一生懸命!そんな彼女の姿に周りの人は自然と手を差し伸べたり、様々な影響を与えていくなど、人を惹きつける不思議な力をもった女性です。

あるたす
なんだか有村架純ちゃんにピッタリな役になりそうだね♪

ひよっこ あらすじ 最終的な予想は?

スポンサーリンク
 

朝ドラ「ひよっこ」モデルなしにTwitterの声は?

あるたす
久しぶりの、モデルのいないオリジナルストーリーで期待してる人が多いみたいだね!

ひよっこ 朝ドラキャストの子役は誰!?