クライシスはコナンのパクリ!?どうして??

クライシスがコナンのパクリとの声が!どうして??

小栗さんと西島さんが出演し、激しいアクションシーンとシリアスな展開から話題となっているドラマ・クライシスですが、6話の放送を見て人気アニメ「名探偵コナン」を連想した人が多かったようです!果たして6話はどんな内容だったのでしょうか?Twitterの声とあらすじをまとめました。

スポンサーリンク
 

 

 

クライシス6話のあらすじは?

11年前に地下鉄で無差別テロを起こし、容疑者として指名手配されていた里見(山口馬木也)と言う男が再び姿を現すところから始まります。

警察は里見が再びテロを計画している可能性があるとして、警視総監の乾 陽一(嶋田久作)からの圧力で捜査に協力する事になった特捜班は、大山(新木優子)が仕掛けた罠により、早くも里見のアジトを突き止め追跡するも逃げられてしまう。

しかし彼らの行動に違和感を覚えた稲見は田丸に何か知っているのではないかと詰め寄るのでした。そして特捜班は里見の過去を調べると彼は潜入捜査員として、教団に潜り込んでいた警察官でした…。

このたす
6話はではテロの容疑者が実は警察官だったという衝撃の展開!それを知った稲見達はどうするのか?見逃せない内容となっています!

クライシス6話予告動画

 

コナンに似ているとの声

それではクライシスをみて名探偵コナンを連想した人達の声をどうぞ!

あるたす
どうやら「潜入捜査」と言うキーワードが名探偵コナンに登場する安室透などを思いださせるようですね!

スポンサーリンク
 

コナンに登場する潜入捜査官は?

コナンでは最大の敵である「黒の組織」に潜入しているキャラクターがおり、バレて消されてしまったり、安室のように組織の重要ポストまでのぼり詰めている人物もいるようです。

6話で潜入捜査員として職務をまっとうしようとした里見、しかし警察に見捨てられてしまい教団に手を貸してしまいました。そして警察に復讐をしようとする展開でしたが、コナンではどんな展開になるのかそちらも楽しみですね♪