嘘の戦争 キャスト 刑事役が判明!3話復讐ターゲットに!!

嘘の戦争2話で、詐欺師である浩一(草彅剛)が子供の頃に家族を殺された後に目覚めた病院でのキャストの刑事が誰?っと話題になっていましたが、嘘の戦争2話で明らかになりましたね。

ネット上では、六平直政さんでは?との予想が一番多くありましたが、刑事役は誰だったのか?!注目していきます♪

嘘の戦争の動画2話無料で見る!

スポンサーリンク



嘘の戦争 あらすじ 2話

ニシナグループ会長の興三(市村正親)をかばって五十嵐(甲本雅裕)に刺された浩一(草彅剛)は、二科家の顧問弁護士を務める六反田健次(飯田基祐)から、今回の一件は事故として済ませたいと言われる。“六反田”という名前を目にした浩一は、男が30年前に新聞配達をしていた苦学生で、事件当時、浩一の父親が一家心中を図ったことを決定づける、うその証言をした人物だと気付く。

一方、浩一を治療した楓(山本美月)は、胸元の大きな傷跡が気になっていた。浩一はタイでの仕事中に負ったものだと説明するが、医師である楓は、もっと古い傷だと気付いていたのだ。なぜ浩一がうそをついたのか、楓は少しずつ浩一のことが気になり始めて…。

その頃浩一は、五十嵐に金を貸していた金融屋になりすまし、六反田に揺さぶりをかけていた。「金を返さなければ、“30年前のうその証言”を公にする」――焦った六反田は興三に助けを求めるが、それを見計らったように、今度は隆(藤木直人)のフリをして次なるワナを浩一は仕掛け…。

引用先:http://www.ktv.jp/uso/story/02.html

2話の復讐ターゲットは・・

二科家の顧問弁護士を務める
六反田健次(飯田基祐)

彼への復讐後、次のターゲットは刑事と明かされましたね!

嘘の戦争ネタバレ2話ネタバレ

嘘の戦争 キャスト 刑事は誰?!

■刑事:三輪
30年前に真実のもみ消しに加担して復讐される刑事。

病室で、真実を語る浩一に尋問した刑事ですね。

「嘘はやめなさい!!」
なんてひどい事を言った憎たらしい刑事です!!

その刑事役は・・・

六平直政

顔だしする前に、エンドロールに名前があった事で
刑事は「六平直政さん」なのでは?っと話題になっていました。

■プロフ
六平 直政(むさか なおまさ)
1954年4月10日(62歳)
六平光成(次男、サッカー選手、清水エスパルス所属)

■テレビドラマ
未成年(1995年)
JIN-仁-(2009年)
ガラスの仮面(1998年) – 小林源造 役
TRICK3(2003年) – 南方熊作 役

■映画
踊る大捜査線 THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!(2003年)
20世紀少年 映画シリーズ

なんとなく、六平さんはよく刑事役をするイメージですねw

今回は最低の汚職刑事役!!

スポンサーリンク



嘘の戦争 キャスト 刑事役六平さんの声

スポンサーリンク

嘘の戦争 あらすじ 3話

復讐の鬼と化した浩一(草彅剛)は、30年前に父親を殺した五十嵐(甲本雅裕)と、うその証言をした見返りに二科家の顧問弁護士にまで上り詰めた六反田(飯田基祐)を次々にワナに陥れ、復讐を遂げていく。一方で晃(安田顕)や楓(山本美月)との距離を縮め、事件を指示していた興三(市村正親)に少しずつ近づいていた。
そんな浩一が次に狙うターゲットは、30年前に捜査を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)。三輪は、浩一の家族が意図的に殺されたことを知っていながら殺人を隠ぺいし、9歳だった陽一(後の浩一)に事件は父親による心中だったとうその証言を強要した人物だった。「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」――早速、浩一が三輪の身辺を調べると、思わぬ人物だった事が明らかになり……。
一方、晃を味方につけたことで楓との仲も急接近。浩一の作戦は万事順調だったが、ハルカ(水原希子)は、そんな浩一を複雑な思いで見つめていた。
そして30年前の事件の生き残りである千葉陽一と一ノ瀬浩一が同一人物だとはまだ気づいていない隆(藤木直人)は、浩一に対しての不信感を募らせていく…。

引用ストーリー第三話 | 嘘の戦争 | 関西テレビ放送 KTV

そして嘘の戦争3話では、30年前に捜査を担当した刑事の三輪郁夫(六平直政)をターゲットに!!

子供の頃すごくすごく辛い思いをした浩一!

子供の浩一からしたら、一番信じてほしく、助けてくれるはずの刑事に・・。

父親の責任だと、嘘の証言をさせた刑事!!

ある意味かなりの恨みが刑事にはあるでしょう!!

「あいつだけはこの手で直接、破滅させたい」

そんな思いの浩一はどんな復讐を刑事三輪にしかけるのか?!

大注目ですね!!

 

 

嘘の戦争関連記事