母になる あらすじ ネタバレ 最終回予想は?

母になる あらすじ ネタバレ 最終回予想は?一体このドラマ、どうなっちゃうの?と混乱を招いている話題の「母になる」。最終回がとっても気になりますよね。

今回は、あらすじとネタバレ、さらに最終回予想もしていきます。当たるかな?当たるといいな、なちょっぴり前向きな最終回予想です。

スポンサーリンク

母になる あらすじ ネタバレ

https://twitter.com/ntv_haha/status/867322093238493184

柏崎結衣(沢尻エリカ)と柏崎陽一(藤木直人)の間に産まれた一人息子・広(道枝駿佑)。幸せな3人家族になるはずだったのに、ある日突然広が誘拐されてしまいます。

9年経っても見つからない広。生存を諦めかけてしまい、柏崎夫婦は離婚。バラバラの状態でした。そんな人生のどん底にいる結衣の前に、再び広が現れます。

広は2年前に児童施設に預けられていました。そして、本当の母親を結衣ではなく門倉麻子(小池栄子)だと思い込んでいたのです。

広は誘拐されてすぐ放置され、そこを麻子に助けられたということでした。広はすぐに新しい環境に順応し、結衣の元で明るく過ごします。

しかしここで広を忘れられないのが門倉麻子。何かと結衣と広の前に姿を現し「私の方が母親にふさわしい」と主張していきます。

産みの母、そして育ての母。どちらが本当の母にふさわしいのか?そんな複雑なテーマについて、掘り下げていくヒューマンドラマです。

母になるYouTuberやPandoraで9話を見るには?

母になる ネタバレ 最終回予想 柏崎家

https://twitter.com/ntv_haha/status/851741386823028736

何かと連絡を取り合い、広が問題を起こすと二人そろって駆けつけることが定番になりつつある結衣と麻子。そんな二人が最終的にどうなるのか?が「母になる」の最終回だと思います。

ただ一つ気になっているのは、広のメンタルケア。本当の母親だと思っていた人が実は他人で、本当の母親が迎えに来た…なんてかなり複雑な環境ですよね。明るく素直に育った広ですが、本当にそうなのか?心の底に何か抱えているんじゃないのか?むしろ抱えてて当然だから、そこをどうにかしてあげて!

と思うのが正直なところです。でも今のところ、ちょっとやんちゃなだけで広はかなり素直。手のかからない子供なので、そこは掘り下げなさそうですね。

 

さて、結衣と麻子。最終回では和解する、と予想です。こんな素直な広を作ったのは、まぎれもなく二人の母だからです。広にとっての母は「二人とも」なんだということに気づき、一緒に暮らすまではいかないけれど友人のようなママ友のような関係になるのではないでしょうか。お互い本気でぶつかり合ったからこそできる友情…とでもいうのでしょうか?

 

もちろん実際にこんな関係として出会ったら、友達になんてなれるはずがないのですが。そこは広がきっと最終回目前で大きな事件を起こし、結衣と麻子で乗り越えるのでしょう。

スポンサーリンク

母になる ネタバレ 最終回予想 西原家

結衣と麻子も気になりますが、もう一人の母親として西原莉沙子(板谷由夏)も気になりますね。彼女は働くお母さん。最新話では母親をやめることになりました

 

というのも、夫の西原太治(浅野和之)が「母になる!」とまさかのタイトル回収(笑)莉沙子は羽を伸ばして、仕事に没頭しているんです。でもこれでもいいの?と思うのが視聴者ですよね。私も莉沙子の行動には首をかしげてしまいます。この西原家の行方も、最終回に向かって気になるところです。

最終的には西原家と柏崎家の問題がぶつかって、うまく調和するのでしょうか?

 

個人的には、結衣が良い子過ぎるのでその仮面もはがしたい!と思ってます。前回麻子と言い合うシーンもありましたが、まだまだ足りない?と思っています。

どの母にも感情移入できていないので、納得できる最終回が見れるといいな!と感じています。広が最後は笑って追われるように、してほしいですね

 

最終回までもう少し!のところまできた「母になる」はまだ先が見えず、目の前の問題に立ち向かう結衣たちを楽しむことができます。

それまでもっと最終回の予想を続けていきたいですね。

スポンサーリンク